大学などに進学したいけれど、経済的な理由で進学を断念しなければならないという学生に進学のための費用を融資してもらえるのが奨学金という制度です。現在奨学金の種類はとても多くなっており公的機関を始め、

 

民間団体や学校独自に設置している奨学金など様々な種類が存在します。


奨学金は学生本人が借主になり、多くの場合卒業後に働いてから返済し、その資金が次の学生へと活用される仕組みになっているのです。

奨学金制度でお金を借りるメリットは?

基本的には経済的に困窮していても本人に向学心があるということが基準になり、返済は仕事についてから始まるというところが奨学金を受けることの最大のメリットです。あくまでも本人が借主になるため、

 

例えば親が債務整理などを受けていたとしても関係なく申請できる上、奨学金を受ける際の審査にも通常は影響しません。


学生本人が負う借金であることはたしかなのですが、一般的な借金のような

 

ネガティブなイメージをもたれないこともメリットのひとつと言えます。


通常金利は無利子か低金利のものがほとんどで実施する機関によっても条件が異なりますが中には

 

一定の条件を満たせば給付型で将来返済が必要ないという奨学金もあります。


但し、その一定の条件は

 

  • 自治体なら居住していたその土地で就労することが条件
  • 一般企業なら奨学金を受けた企業に勤務することなどが条件

として示される場合が多いので、事前にしっかりと内容を確認してから申し込むようにする必要があります。

奨学金でお金を借りるデメリットは?

学生が学費の援助を受けられる奨学金ですが、デメリットがあることも借りる側はきちんと理解しておくようにすることが大切です。まず奨学金を受けられるのは通常は卒業までの最短期間とされている事から、万一

 

留年すると卒業までに必要な学費を奨学金でまかなうことができなくなる可能性があります。


そして審査の厳しい機関などでは申請しても借りることができないケースも存在します。特に給付型などの奨学金の場合、様々な書類の提出や審査基準も厳しいので、必ず借りる事ができるわけではないことを理解して資金計画を進めていく必要があります。

そして最大のデメリットがいくらイメージが悪くないとはいえ借金であることには変わりなく、借り入れする金額にもよりますが卒業後の学生が長期にわたって返済の義務を負わなければならないということです。