「消費者金融 土日」というキーワードで検索をかけると、その多くは大手と呼ばれる業者として検索結果が帰ってきます。大手だからこそ土日も休まず対応できるのかといえばそれまでですが、では消費者金融一覧の中の大手と呼ばれるところならどこでも良いのかといえばそれはまた違う話です。

では何が違うのかといえば、お金を借りるにあたり人それぞれ利用するニーズというものは異なります。また、返済しやすい方法や返済できる金額なども人によって異なるのが普通であり、それぞれの特性に合わせてお金を借りる業者を選ぶ必要があります。

お金を借りた後の返済というのはその後もずっと続くうえ、「毎月」のことですので

 

できるだけ返済しやすいところ、あるいは借入での利用がしやすいところを選ぶことが大切です。


この「毎月」返済が続くというのは、意外にも借りる段階で気にしている人が少なく、ただ漠然と返済金額と期日を確認する程度にとどめている場合がほとんどです。そんな中にあっておすすめの業者として紹介するのがアイフルです。

 

消費者金融業者の中でも大手と呼ばれる業者のひとつであるアイフルは返済日について多くの選択肢が用意されていることでも知られています。


モビットや勿論アイフルでも土日の契約や取引について問題なく利用できますが、自分にとって都合の良い返済日を指定することができる他、自動引き落としや35日サイクルで返済日を決定するといった選択をすることができます。

お金を借りるにあたり、こうした返済日や返済方法をしっかりと確認することはその後に続く取引のことを考えると非常に重要なポイントです。

ただ土日に急いでお金を借りたいというだけで安易に目にとまった業者に融資を申し込んだ結果、たとえば自分にとって都合の悪い日が返済期日として指定されていたりといった可能性もないとは言い切れません。

今やほとんどの業者で、土日を問わず利用できるようになっているだけに、「土日に利用できるならどこでも良い」という理由だけで業者を選ぶことは避けるべきでしょう。

もうひとつ土日で注意しなければならないポイントとは?

もうひとつ土日で注意しなければならないポイントがあります。それは、

 

在籍している会社が休みの場合があるということです。


これが何に影響するかと言うと、ローンの審査では避けられない在籍確認の電話に誰も出ないと言うことです。この電話に返答がなければ職場の在籍の確認は取れず、審査は会社の翌営業日まで持ち越してしまい、その日のうちに融資を受ける事ができません。アイフルはともかくプロミスであれば、

 

プロミスならアルバイト先への在籍確認の電話を別の方法で確認してもらう相談が可能です。


土日祝日などの勤務先が休みの可能性の高い日には、この勤務先への在籍確認の電話によって審査を完了できるのか否かが重要なポイントになってきます。